日本給食サービス協会

ホーム > 資格・認定・講習会にご興味のある方へ > 優良給食サービス事業者・施設認定

優良給食サービス事業者・施設認定

知ってる?「マル適マーク」
有識者で構成する第三者機関の「優良給食サービス事業者・施設審議委員会」が、別に定める審査基準に基づき、衛生管理、従業員教育、法令遵守、食事サービス、各種情報の提供等、の観点から、消費者に優れた食事サービスの提供ができる事業者・快適な食事環境施設であることを認定する制度です。協会が優れた事業者・施設であることを証する太鼓判です。
学校給食受託業務を行う会員は、マル適マークを取得しましょう
優良給食サービス事業者認定(いわゆるマル適マーク)を未だ取得されていない 会員企業へのお知らせです。

日本給食サービス協会では、学校給食受託業務のアウトソーシング化の進展を踏まえ、平成19年度から「学校給食業務代行保証事業」を実施しております。
この代行保証事業に参加希望をする会員企業は、優良給食サービス事業者認定(いわゆる「マル適マーク」)を取得されている企業は、申請書だけの提出で、加入金ゼロ、現地調査も無しで済みますが、マル適マークを取得されていない企業は、
(1)定款か寄付行為
(2)会社経歴書、役員名簿、組織図
(3)直近3年間の決算書類
(4)直近の納税証明書
(5)生産物賠償責任保険証書の写し
(6)学校給食受託管理士及び給食サービス管理士の配置状況の書類
(7)加入金54,000円
以上を添えて、支部長の指名する調査員の調査を受けることが必要です。

これは、マル適マークを取得されている会員企業は、「優良な給食サービス会社である」との協会の認定を受けているからです。
そこで、学校給食受託事業に取り組まれております会員企業は、「先ず、優良給食サービス事業者の認定」を取得されますことを、是非お奨め致します。

県、市町村の教育委員会では、学校給食受託業務について、代行保証を取り入れている企業であるか?といったことに関心を高めている動きがあります。

▲ PAGE TOP

▲ PAGE TOP